【シーバス】




スズキ目のいくつかの種の総称であるバスの中でも海産のものをシーバスと呼ぶ。
日本では主に釣り人の間でスズキのことを指してシーバスと呼ぶことが多く、
ルアーフィッシングのターゲットとしても人気である。
体系は細長く、下あごが上あごよりも突き出ている。
体色は銀灰色で腹部は白い。
若いうちは体側の背や背ビレに小さな黒点が散らばっているが、成魚になれば黒点は消える。
また、スズキは代表的な出世魚であり、30cmまでの幼魚をセイゴ、30~60cmの若魚を
フッコマダカ(関西ではハネ)、60cm~80cm以上の成魚をスズキと呼んでいる。
また成魚になれば、最大1mを超える大物も見られる。
詳しくはスズキを参照。
シーバスのルアーフィッシングは、今や代表的な釣りとも言える。
小魚の形をしたミノープラグアジやサバ、稚アユなどの小魚(ベイト
に似せた軽めのプラスチック素材)で、シーバスの好む地形やポイントを探し出し、
バイトさせるのはまさに醍醐味である。

ルアー釣り

:潮通しの良い堤防の先端、河口付近、障害物のあるパイルや橋げた周り、
夜であれば、照明が当たっているような海面付近がポイント。
仕掛けは、硬めのサオで7~10フィートに中型のスピニングリールでラインは10ポンド前後が一般的。
ルアーはミノーバイブレーションソフトルアーにメタルジグなどがある。

ルアータックルについて


PEライン1~1.5号 
サージャンノットフィッシャーマンノットなど。
ショックリーダー20~30ポンド ※1ヒロ程度
ユニノットクリンチノットなど。
※ロッドは8~9f、リールは2500番台以上

コツ

シーバスは夜間、光に集まるベイト(小魚)を狙ってくるので、照明がある場所や
潮通しの良い堤防の先端、河口付近、障害物のあるパイルや橋げた周りが好ポイントとなる。
夕マズメや夜のほうが活性が上がるので、時間帯もそこを狙うと良い。
多少狙ったところにキャストできなかったとしても、
狙ったコースをしっかり引いてくれば、バイトチャンスが増えます。
また、ストラクチャー絡みのポイントでは、ストラクチャーにぶつかるくらいのギリギリのコースを引くことも大切です。
むしろ、ストラクチャーにぶつけてしまうくらいのコースでよいとされる。
シーバスでポンピングなどは行なわず、リールで寄せてくる感じにすると、バラシも軽減する。
ロッドも柔らかめのものを使用することで、さらにバラシも軽減される。
ヒット後は、ロッドを寝かせるように下に構えて、エラ洗いをさせないのもポイント。
できる限り、空気を吸わせることで、魚をおとなしくすることができます。

釣りスポット

北海道以南の日本各地。
沿岸の岩礁帯
離岸流を見つけることと、地形を見るようにすると良い。
潮のつかっているところは地形にでます。
潮がぶつかっているところだけ砂が盛り上げっていたりと、地形の変化を探すことがシーバスを釣る近道です。
潮目になっているところ、潮通しの良いところ、岬の先端、堤防の先端、テトラポットの潮がぶつかっているところなどGOOD。

参考サイト


 
                                
動画解説をもっと見る