【トウゴロウイワシ】

トウゴロウイワシは、スズキ目トウゴロウイワシ科に分類される魚。

特徴

イワシの仲間に似ているが、ボラの仲間に入る。
ボラ亜科の特徴は2基からなる背ビレ。
イワシ類には背ビレは1つしかない。
カタクチイワシと間違えやすい。
体長は最大で15㎝程度。
主としてプランクトンを食べている。
地方名はトオゴロ。

シーズン

6~10月。

釣り方・仕掛け

磯周りや堤防で小物釣りをしていると外道としてハリにかかる。
肉食性大型魚のエサ魚として有用で、生きたものであれば泳がせ釣りのエサになる。

釣りスポット

南日本から朝鮮半島、台湾、中国にかけての沿岸の表層を群泳している。

美味しい食べ方

小型魚でウロコが硬いため、食用にすることは少ない。