【サヨリ】

サヨリは、トビウオ目サヨリ科に分類される魚。

特徴

細長い体と針のように突き出した下アゴが特徴の、トビウオ、サンマの近縁種。
産卵は春から夏にかけて、沿岸の海藻などで行う。
雄は1~2年で成熟するのに対し、雌は成熟に丸2年を必要とするため、産卵場所で見られる雌は雄よりも大きい。
地方名はハリウオ、クチナガ。
意外と警戒心が強いので、少なくとも大声を出すなどは控えて
魚が逃げないように注意しよう。

シーズン

3~11月。ベストシーズンは3・4月と10・11月。
最盛期は磯周りに寄る1~3月。

釣り方・仕掛け

昔は人気のある魚ではなかったが、現在では高級魚のイメージが定着しており、人気の釣りの対象魚になった。
4月以降、内湾に入ってくる頃には比較的簡単に釣れる。
シモリウキ釣りで狙うことが多く、夏の風物詩ともいえる釣りのスタイルだ。
ノベ竿でシモリウキや玉ウキを数個付け、ウキ下を40~60cmくらいで調節する。
エサはオキアミ小やアミエビイシゴカイ、などほとんど食ってくる。
時折、アミエビなどのコマセを少し撒いてやるなどして、魚の警戒心を解いたりすると良い。
他にもやや沖目を狙うための釣り方として飛ばしウキ釣りというスタイルもある。
ウキとコマセカゴが付くだけで、堤防際にサヨリが寄っていないときなどや
やや良型狙いの場合に良く使われる手法。

釣りスポット

日本各地の沿岸で見られ、表層を群生して動物性プランクトンを捕食する。
沿岸を回遊する海水魚であるが、時には河口の汽水域まで入り込むこともある。
琉球諸島、小笠原諸島では見られない。
ほとんどは、潮通しの良い、堤防やその先端周辺がポイントとなることが多い。

美味しい食べ方

産卵前の早春と晩秋が食味の旬。味は秋よりも早春の方が上とされている。
淡白ながら適度な脂肪があり、歯ごたえもあるため刺し身に最適。
サヨリとトマトのドレッシング