【ゴマサバ】

ゴマサバは、スズキ目サバ科に分類される魚。
他にも、マサバなどが一般的である。

特徴

体が側扁せず、円筒形に近い。体側の腹側に多数の小さな黒点がある。
全長は25~35cm、中には50cmに達するものもいる。
地方名はゴマ、マルサバ、ホシグロ、コモンサバ、ドンサバなど。

シーズン

1年中。ベストシーズンは9・10月。

釣り方・仕掛け

沖釣りの外道として扱われる。夏に多く漁獲される。

釣りスポット

磯・沖・防波堤。
日本近海、西太平洋、ハワイ諸島、東部太平洋に分布する暖海性。
主に海岸から沖合の表中層を大群で回遊する。

美味しい食べ方

マサバより脂肪が薄いため味が劣るが、マサバは夏に味が落ちるため、漁獲が多い夏に旬を向かえる。
鮮度が落ちるのが早いので注意が必要。
新鮮なものは締めサバ、塩焼き、味噌煮などに最適。
日本そばのだしになるサバ節にも加工される。
サバはDHAを豊富に含み、脳の活性化にも非常に良いとされる魚である。
また、そぼろやトマトとの相性も抜群で、より栄養価の高い料理へと変身する。
サバのさばき方
サバと冬瓜のスープ
サバのあんかけ
サバのそぼろ寿司
サバのトマト煮
サバの薬味漬け
サバの味噌煮
しめサバのカルパッチョ風サラダ
しめサバ
しめサバのたたき
焼きサバの酢のもの