【クロシビカマス】

クロシビカマスは、スズキ目クロタチカマス科に分類される魚。

特徴

体色は銀褐色で死後に黒色化する。
牙状歯と呼ばれる鋭い歯を持ち、道糸を切ったり、釣り上げられる獲物を襲うこともある。
地方名はサビタチ、ナキワリ、スミヤキ。

シーズン

11~4月。

釣り方・仕掛け

ムツ釣りなど、沖の深海釣りの外道として釣れる。

釣りスポット

沖。南日本太平洋岸に分布。
400mにも及ぶ深場の岩礁周りに生息するが、夜間には表層近くまでに浮上する。

美味しい食べ方

深海魚では美味な方だが、脂分の強い白身は食べ過ぎると下痢を起こすこともある。
かまぼこなどの練り製品に加工されるが、塩焼きにも向く。