【コイ】

コイは、コイ目・コイ科に属する淡水魚。マゴイ、ノゴイなどとも呼ばれる。

特徴

口もとに2対の口ひげがある。養殖と天然では体型の違いがあり、養殖は体高が高く幅が薄い。対して天然物は、体高が低いが幅が厚く、体色が黄色がかっている。全長60cmほどだが、中には1mを超える個体も存在し、淡水魚の王様とも呼ばれる。

シーズン

1年中

釣り方・仕掛け

ウキ釣りやブッコミ釣りで狙うのが一般的。ウキ釣りでは主に上層、宙層、底付近と狙うタナが分かれることでも知られるが、そのときの状況や水温などに合わせてタナを合わせていく。春から秋にかけては宙層にいることが多いとされており、冬場には底付近を狙うことが多い。

ウキはウキのトップが若干水面に露出している状態をキープし、エサの重みも考慮した、仕掛け調整がカギとなる。ブッコミ釣りでは吸い込み仕掛けと呼ばれる、複数の針がついた仕掛けにネリエサをつけ、コイが回遊していると思われるカケアガリやドブ(川の淵)、障害物付近を狙う。エサはネリエサやミミズ、パンなどで釣れる。

釣りスポット

日本各地の中流・下流、湖沼、池

その他のマメ知識

生命力が強く、寿命が長い。数十年以上、一説には百年を超える個体も存在するといわれている。