【マス】

マス(ます・鱒)は、サケ目サケ科、所謂サケ類の一部の種に付けられた名称。
'「マス」の名称を持つもの'
サクラマス・ビワマス・サツキマス・タイワンマス・ニジマスアメマス・カワマス・ヒメマスカラフトマス・マスノスケ(キングサーモン)等。
本意はサクラマスのことを指す。

マスとサケ

マスとサケは同じサケ科であり、その区分の概念は非常に曖昧かつ難解である。その大まかな概念は以下の通り。

北海道開拓以前

この時期において、日本では日本固有種であるサクラマスとその亜種であるサツキマス・ビワマスを「マス」と呼び、シロザケを「サケ」と呼んだ。つまり、サケ科のもので「サケ」とよばれるものはシロザケのみをいい、他のサケ科のもので、海を回遊し大型化して川に回帰するものを「マス」と呼んだ。(そもそも、日本の本州部には海洋生活期を経て大型化し回帰するものはこの二種しかいなかった。)

北海道開拓期

ここで、日本人は本州には生息していなかったサケ科の魚と接触することとなる。そこで上記の慣例上、シロザケ以外のサケ科の魚に「マス」の呼び名をあてた。カラフトマス・アメマス・ヒメマス・マスノスケなどがその一例である。

外来種導入期

北海道開拓期直後から外来種のサケ科の魚が導入・移植され更に新たなものとの接触が始まる。当然、外来種には当初日本語の呼び名はなく、それらに日本語の呼称を付けることとなるのだが、そのとき採られたのが英語名を日本語に翻訳するという方式である。そこで問題となるのが、英語圏においても「salmon(サーモン)」、「trout(トラウト)」と、同じサケ科の魚に2種類の名称を与えていたことである。これを日本語に翻訳した際、salmon(サーモン)を「サケ」、trout(トラウト)を「マス」と翻訳した。red salmon→紅ザケ、rainbow trout→虹マスなどが例である。つまり、本来なら日本の慣例上「マス」と名づけなければいけないものに「サケ」の名を与えたことにより、日本におけるサケとマスの呼称が複雑かつ難解なものとなった。

呼称

複雑になる主な要因として呼称の問題が挙げられる。
上記で述べた通り、外来種導入期に英語名を日本語名に翻訳する際、その問題が生じ始めた。
その主なサケ科の日本語名と英語名、及び解説は以下の通り。
'日本語名':サケ '英語名':chum salmon [他のサケとの種別を明確にする為、別に「シロザケ」という呼称を与える]
'日本語名':カラフトマス '英語名':pink salmon [外来種ではなく、北海道に元々生息していた為「マス」の名称が与えられているが英語ではサーモン(サケ)]
'日本語名':ベニザケ '英語名':sockeye salmon, red salmon [本来であるならばベニマスと名づけられなければならない。北海道に元々生息しているベニザケの陸封型(降海しない)にはヒメマスという呼称が与えられ、同じ種でありながら外来種の降海するもの(降海したもの)にはベニザケと名づける。]
'日本語名':ギンザケ '英語名':coho salmon [本来であれば銀マス。]
'日本語名':マスノスケ '英語名':king salmon [慣例上、「マス」と名付けられたにも関わらず「キングサーモン」として定着。キングサーモンはマスである。]
'日本語名':サクラマス '英語名':masu salmon, cherry salmon [サクラマスは日本固有種である。そのため、学名・英語名もmasu(マス)である。しかし英語名ではmasu(マス)は種の名称になり、masu(マス)の後にsalmon(サーモン)が付けられる。つまり「マスザケ」となる。]
'日本語名':ニジマス '英語名':rainbow trout [これはそのまま翻訳され問題はないように思われるが、このニジマスにも降海型が存在し、それを英語でsteelhead(スチールヘッド)と呼び、salmonやtroutの名称はつかない。このsteelheadが後に食用として流通することとなり、それを「トラウト・サーモン」もしくは「サーモン・トラウト」と呼ばれる。]
また、日本語に翻訳されず英語名そのままのものもある。例えばブラウントラウトである。ブラウントラウト(brown trout)は降海したものをシートラウト(sea trout)と呼ぶ。英語圏では慣例上、降海して大型化するサケ科のものを「salmon -サーモン(サケ)」と呼称するが、ブラウントラウトに関してはtrout(トラウト)のままである。

現状

現状、日本に於いて「サケ」と「マス」を区別する際、最も一般的に思われているものとして、
1. マスは川(特に上流域)や湖に生息し、サケは海に生息している。
2. salmon(サーモン)と付くものは「サケ」、trout(トラウト)と付くものは「マス」である。
3. サケとマスは全く違うものである。
などが挙げられる。
上記の事柄は前述しと通り、マスとサケを区分するにおいてほとんどあてはまらない。
1.、3.については、普段あまり魚と接しない者やスーパーなどで切り身しか買わない(さばく前の魚そのものを見たことがない)者などに多く見受けられる。
2.、においては、普段から魚に接する者、特に釣り人に多く見受けられる。近年、ルアー釣りルアーフィッシング)やフライフィッシングが盛んになり、それに伴いサケ科の魚の英語名が呼ばれるようになった為と推察される。

関連項目

サケ
カラフトマス
ニジマス
ヒメマス
ブラウントラウト
サクラマス