【ダウンショットリグ】

ダウンショットリグ(だうんしょっとりぐ)
ラインフックを結びつける際に予めラインを余分に残しておき、
そこにシンカーを付けるリグのこと。
常吉リグ、アンダーショットリグとも呼びます。
余らせるラインの長さはだいたい5~20cmを目安とし、
底から20cm位をサスペンドしている魚を狙う。
アクションとしてのバリュエーションは広く、中層からボトムまで活躍の場はたくさんある。
ロッドをシェイキングして、ワームを中層やボトムで跳ねているようにアクションさせる。
ワームとオモリ(シンカー)が分離しているので、ワーム本来の動きであるポテンシャルは引き出せるが、
ボトム付近では、障害物などに対して根掛かりしやすいのが弱点。
作り方やアクションも簡単でよく釣れるリグなので、ぜひとも覚えておきましょう。