【天気について】

天気については、晴れでも、雨でもどちらがいいということではありません。
しかし、釣りのターゲットによって変わる場合もありますが、
むしろ、その釣行日以前の天気を把握しておく必要のほうがあるかと思います。
ターゲットによってはメバルカサゴ、イカ、青物などは天気が晴れのほうが良いとされますし、
クロダイシーバスなどは曇りだったり、多少天気がくずれたことによる、
海面のざわつき感や濁りがあったほうが良いとされます。
前日に雨や台風で大荒れすると、翌日は強風が吹くので、海も川も湖も濁りが出て、さらに強風によって釣りにならないことがほとんど。
低気圧の接近のしかたによってはさらに翌日に強い風が出ることもあるが、
だいたい翌日に風が吹く。
多くの釣り場では、天気が崩れる→翌日風が吹いて濁りがでる。→風がやんで濁りがやや残るが釣りができる。というような
流れになるであろうが、濁りを嫌がる魚もいれば、好む魚もいるので、そのあたりは、ターゲットごとに調べておく必要があるでしょう。
また、海面では天気がくずれた翌日は強い風とともに高波や大きなウネリなどで防波堤にしぶきが飛んでくるような光景も目にするが、
安全に釣りを楽しむためにもそういう日には釣りをしないという選択肢も持ちましょう。
その他の知識
潮汐について