【ライトタックル】

ライトタックル(らいとたっくる)
リール、ロッドともに軽装のタックルをいう。
ルアーでの釣りや船釣りでの場面でよく「ライトタックルで狙う○○」という風に呼ぶ。
管理釣り場でのニジマスや船でのヒラメマダイ、堤防でのメバルのソフトルアー釣りなどでよく言われる。
軟らかめのロッドと軽い小型のリールをセットすることで
気軽さや手軽さを重視した装備となっている。
最近では大物狙いをあえて、ライトタックルで勝負することで
釣りの醍醐味を最大限まで高めて釣る釣法としても人気。