【捨てオモリ】

捨てオモリ(すておもり)
または、捨てオモリ仕掛け
根掛かりした際にオモリだけが切れるようにしてある仕掛け、仕様。
ミャク釣りでもダウンショットと呼ばれる仕様があるが
それも捨てオモリ仕掛けの一種。
その場合には活きエビを使ったときによく使われる。
また、捨てオモリというオモリもあり、これを指す場合もある。
オモリとしての「捨てオモリ」は、布で出来た袋に砂を詰め木綿糸など切れやすい糸で口を縛り、
その糸に仕掛けをつける。これにより根掛かりしても引っ張るとその木綿糸が切れ仕掛けが回収できる。
また、安価であり環境にも優しい。

関連項目

捨て糸