【立ち込み釣り】

立ち込み釣り(たちこみつり)


ウェーダー(水の中に入るための長靴と一体になった服)を着用した状態で
海岸の浅瀬や岩場の浅瀬に立ち入って
普段では狙えないようなポイントを攻める釣りのこと。
ポイントがスレていない確率が高いため、
アイナメメバル釣り師、
サーフでのスズキ(シーバス)や青物
サクラマスブラックバス、ライギョ、ナマズ狙いの
釣り人などによく見られる光景。