【アニサキス】

アニサキス(あにさきす)とは、海洋生物に寄生する回虫の一種である。
※本項では釣り人への影響を主体に記述しています。アニサキスの生態等については各自お調べください。

アニサキスは1cm~4cmほど、白色もしくは半透明の線状虫で、海魚の内臓に寄生している。

釣り人への影響

我々釣り人が気をつけなければならないのが、「アニサキス症」である。アニサキス症とは、アニサキスを人体内へ取り込むことにより発症し、腹部などに激痛を与えるものである。

概要

アニサキスは通常、サバなどの青魚サケマスイカなどに多く寄生するとされるが、その他の魚にも寄生する。どんな魚にも寄生している疑いを持つべきである。魚が海中で生きている際は臓器内に潜んでいるが、釣り上げられるなどして魚が弱ったり、死亡したりすると直ちに身の部分へ移動する。身へと刺さりこむと目視では確認しづらい。

死亡した魚の体内に潜むアニサキスは宿主を失い、のちに死滅する(死滅に至るまでの日数は不明であるが、ある程度の日数を要すると思われる)。

上記の通り、アニサキスは魚が新鮮なほど人体内へ取り込まれやすい。安価な飲食店やスーパーなどは一度冷凍保存されているものを提供している場合が多く、この段階でアニサキスが死亡するため感染しにくい。ゆえに、一番新鮮なものを食す機会の多い釣り人は要注意である。事実、釣った魚によって感染する場合が非常に多い。

釣った魚をさばいた際、内臓からアニサキスが出てきた場合は身に潜んでいることが濃厚である。内臓からアニサキスが発見されなかった場合でも注意が必要なのは勿論の事である。

感染経緯

アニサキスが潜んでいる部位を刺身など生で食した際に感染する。人が口から取り入れる以外に感染ルートはない。

症状

アニサキスが人体内に取り入れられてから数時間後に発症する。19時~20時頃に刺身を食べて、深夜から明け方に発症という場合が非常に多い。その症状は激しい腹痛・嘔吐である。特に腹部や胃部が激しく痛み、七転八倒と形容されるほどである。これは、胃部に到達したアニサキスが胃壁に食いつき刺さりこむ為であるが、刺さり込む際の痛みとはあまり関係ない。刺さり込むことにより、アレルギー症状を起こすことに痛みの原因がある。

また、アニサキスが腸内へと進入した場合は腸ねん転を起こす可能性が高くなり非常に危険である。食中毒と症状が似ているが、腹痛薬などでの対処を試みても症状は改善しない。

嘔吐は胃液が出るのみであり、腹痛に伴う下痢がないことから見分けがつく。

治療

通常、内視鏡により刺さり込んでいるアニサキスの位置を確認し、そのままつまみ出す。アニサキス摘出後は速やかに痛みは消え回復する。ただし腸内へ入り込んだアニサキスは内視鏡での摘出は不可能であり、場合によっては開腹手術が必要になる。また、前述した通り、アニサキスが腸内まで達した場合は腸ねん転を引き起こす可能性があるので早急な処置が必要である。

アニサキスは元来、最終宿主がクジラやイルカである為、人の体内で生活することはできない。人体内で生存できる日数は約3日である。つまり3日我慢すればアニサキスが死亡し症状は改善する(胃部に刺さり込んでいる場合であり、下腹部に痛みがある場合は腹部に入り込んでいる可能性が高いので、直ちに医師の治療を受けるべきである)。

しかしながら、ほとんどの人がその痛みに耐えられず病院へ駆け込む場合が多い。治療に際して、食中毒と誤診される場合がある。この場合、食中毒に対する治療が行われるが一向に改善されることはなく、あまりの激痛の為診断を待たずに開腹手術が行われてしまう例がある。

前夜、釣った魚を刺身で食し、深夜から明け方にかけて腹部や胃部に激しい痛みがあり、嘔吐はするが食中毒特有の下痢がない場合はほぼアニサキス症と思ってよい。この場合、直ちに病院へ行き医師にアニサキス症の疑いがあることを伝えるとよい。

予防

アニサキスを死滅させるには、冷凍・加熱・粉砕のいずれかの方法を用いる。冷凍は24間以上、完全に中心部まで氷結するまで冷凍する。加熱は完全に火が通るまで加熱する。いずれも半生状態ではアニサキスの感染を完全には予防できない。粉砕とは噛み砕くという方法であり、つまり「よく噛んで食べる」ことにより予防する方法である。これは非常に不完全な予防法である。

予防するには加熱・冷凍を心がけたい。

どうしても冷凍などせずに生で食したいという場合は、非常に不完全ではあるが次の方法である程度の脅威は取り除くことができる。

  • 釣ったら直ちに内臓・頭を取り除く。
    (魚は釣り上げられた際、内容物を吐き出す場合が多く口腔内にアニサキスが残ることがある。このため、内臓と共に頭部も切断したほうがよい。)
  • 刺身にする場合、薄切りにする。(薄切りの程度は向こうが透けて見えるくらいのもの。)
  • 白身魚やイカの場合、身を蛍光灯などにあて透かしてよく見る。
    (アニサキスが身に潜んでいる場合、アニサキスの体が伸びていることよりも渦巻き状になっていることが多い。)

アニサキスは塩漬け・酢漬け・醤油やわさびなどで死ぬものではない。ホルマリンの中でも30分は生き続ける。

補足

アニサキス症はアニサキスが人体内へ取り込まれた場合、必ず発症するものではない。刺さり込む前にアニサキスが死亡したり、刺さり込んでも発症しない者もいる。体調が優れなかったり、胃腸が弱っている時は生食を避けるようにしたい。

体験談

以下、ぎょねっと会員Shiroさんによる体験談です。インターネットによる自己診断が役に立ったとのことで、このページの情報も覚えておくと、いざという時に必ず役に立つでしょう。


 

私は三度、アニサキス症となりました。一度目はイカ、二度目はサバ、三度目はヒラメでした。

その痛みは形容しがたいものがあり、食事も仕事も通常の生活は送れません。胃薬や痛み止めを飲むと若干の痛みは治まるものの、数時間ともちません。

全てが晩ご飯に刺身を食べ、明け方痛みにより目が覚めました。まず、激しい腹痛が始まります。続いて吐き気と便意をもよおします。この時点では食中毒だと思っています。明け方ということもあり昨夜食べたものはほぼ消化されており、胃液のみが出てきます。便も通常と変わらないもので下痢ではありませんし、一度するとあとはでません。便意に関しては通常の時と変わらないのです。腹痛は時間が経つにつれ胃の方へと移動します。

一度目の時はその日の夜中まで我慢しましたが、耐え切れず夜間診療を受けました。しかし原因がわからず翌朝また出直して診察を受けました。色々な検査を受けましたが、やはり食中毒ではないということになり結局「盲腸」と診断されました。薬で散らすことにより手術は避けられましたが、あと一日治さまらなければ手術ということでした。 点滴に含まれていた痛み止めが強烈だったせいか、痛みはわずかになり次の日の夜には治まりました。

2度目の時は一度目と同じ状況・症状に陥り、「盲腸が再発した」と思いました。一度目から6~7年後でした。新しい設備のある病院へ行くと盲腸ではなく食あたりだと診断され、その治療がなされました。当然のことながら治りません。この頃にはインターネットが普及し始め、このインターネットによりアニサキスの情報が入手可能でした。私も医師の診断がどうにも腑に落ちなく、インターネットで自分の症状と同じものを調べてみました。すると「アニサキス症」というものを発見、症状も全く同じであったため、翌日医師にそのことを告げました。医師は中々とりあってくれませんでしたが、強引に内視鏡検査をしてもらったところ胃にアニサキスが刺さり込んでいることがわかりました。このことから一度目もアニサキス症であったと確信しました。

3度目の時は、もうさすがに手馴れたもので即アニサキス症と自己診断できました。即病院へ行き、アニサキス症であることを伝えましたが、「アニサキス?あ~、そんなのなんかあったね。そういうことはないと思うし食あたりですよ。」というばかりです。しかし私も「間違いない」の一点張りで通したところ、医師も渋々内視鏡検査をすることになり、案の定元気なアニサキスが発見されることとなりました。アニサキスを摘み出すと嘘の様に治りました。

医師は中々アニサキス症と診断しません。本項に書かれているような原因・症状である場合は自分から言わないとダメです。ひどい場合は手術までされてしまいます。

余談ですが、取り出したアニサキスをホルマリンの中へ入れたのですが、30分経過しても元気に生きていました。また、そのアニサキスを担当した医師が同僚の医師達を呼んで見せていましたが、いずれの医師も初見であると言っていました。このことから、通常ではアニサキス症の診断を下すのは中々難しいことが伺えます。みなさんも注意してください。