【デスダイブ】

長時間に及ぶファイトでマグロやカジキなどの大型魚が死んで、遊泳力が無くなり沈下すること。元来の比重の重さに加え、水圧の増加によって浮力が失われて沈んでいく現象。特にマグロ系の大型魚はバイトしてからは、下へ潜るような傾向があるので、長すぎるファイトによってデスダイブが起きないように気をつける必要があります。

デスダイブの対策としては、

バイトから100m以内にラインを回収する。
・出来る限りドラグを締めてそれ以上の沈下を防ぐ。
・船長の腕で、潮やボートのポジションをアングラーの優位な状況にしてもらう。

など様々ですが、100mから下に行けば行くほど、そのデスダイブのリスクは高まるので、まずは、100mのラインを出さないようにひたすらラインの回収をすることに専念することを覚えておくとよいでしょう。

関連リンク
ナブラ
鳥山