【遊動式】

遊動式(ゆうどうしき)とは、オモリウキ道糸仕掛け幹糸上を滑るように自由に移動できる方式、仕様のことである。オモリの場合、オモリの中心部をトンネル状に貫通させた中通しオモリを使用するのが一般的。この場合、オモリの中心部に開いたトンネル状の穴に幹糸を通し、幹糸の長さ内であらかじめ決められた距離を移動できるようにする。この事により魚がをくわえた際、オモリの重さによる違和感を感じさせないため、食いがよくなるとされる。このような仕掛けを遊動仕掛けもしくは遊動式仕掛けと呼ぶ。

ウキの場合、ウキの根元部分が輪になっているものや、根元部分にサルカンなどのリングを付けたもの、もしくはウキの中心部をトンネル状に貫通させた中通しウキを用いる。このようなウキを遊動ウキと呼ぶ。道糸や幹糸をその輪やサルカン、トンネル部に通すことによってウキが移動できるようにする。このことにより、ウキが道糸・幹糸のある一点で固定されず、巻き取りやキャスティングが容易になる。