【捨て糸】

捨て糸(すていと)とは、幹糸オモリの間につける幹糸よりも細いのことをいう。主に根魚を狙う際に使用する。根魚のいる場所は通常根掛かりが多く、根掛かりのたびに仕掛けがなくなるのを防止する為に、オモリの部分だけが切れるように取り付けるものである。

関連項目

捨てオモリ