【海面】

海面(かいめん)とは、海洋(海)のことをいう。⇔内水面

海面と内水面では法令に基づき漁業形態が異なるため、法令を適用する上で重要な区分となる。海面と内水面との境界線は、例えば河川と海であるならば河口付近に「河川海面境界柱」が河川両岸に立っており、この標柱同士を直線で結んだ線が境界となる。但し、地形の複雑さなどからその境界が曖昧になっている場所もある。

また、以下のものは内水面のようではあるが漁業の形態上などから海面として扱われる。

  • サロマ湖(北海道)
  • 風連湖(北海道)
  • 温根沼(北海道)
  • 厚岸湖(北海道)
  • 霞ヶ浦(茨城県・千葉県)
  • 北浦及び外浪逆浦(茨城県・千葉県)- 霞ヶ浦
  • 加茂湖(新潟県佐渡)
  • 浜名湖(静岡県)
  • 琵琶湖(滋賀県)
  • 中海(島根県・鳥取県)