【ハリ】

針(ハリ)はハリス(釣り糸)の先端に結びつけて、エサやワームと呼ばれる疑似餌などをつけて魚の口に引っ掛けるために使用するものです。他にもルアーなどについているハリも存在し、多種多様です。大きく分けて3種類ほどの形状があるが、長型、丸型、角型に分かれる。

長型・・・軸の部分が長く、軸と針先の距離が狭い仕様。ウナギアナゴシロギスカレイハゼなどの口の小さい魚種で良く使われます。
丸型・・・軸の部分が短く、軸と針先の距離が広い仕様。クロダイイシダイマダイ・などの比較的口の大きな魚種で良く使われます。
角型・・・軸の部分に角度が付いており、軸と針先の距離が短いものから長いものまである仕様。スズキタチウオアイナメメバルカサゴなどの魚種で良く使われます。

チモトと呼ばれる軸の一番上は突起した形状になっています。これはハリスをハリに結んだときにスッポ抜けしないようにするためのものです。

また、ハリにはエサを外れにくくしたり、魚の口に掛かったときに外れるのを防ぐ役割があるがそれをかえしと呼びます。かえしが無いハリも最近では渓流やコイヘラブナなどの釣りで良く使われますがそのハリのことをバーブレスフックと呼びます。かえしがないことによって、魚をリリースする際に、ダメージを減らすという目的から、バーブレスフックを推奨していることころも多いほどです。

キャッチアンドリリースがルールの管理釣り場などの場合はほとんどがバーブレスフックが使用条件になっていたりしますので、
釣り場に合わせて注意して釣りをしましょう。

ちなみに、カツオの1本釣りは有名ですが、あれだけのカツオを短時間に釣ってしまおうというものですし、実際テレビでやっている漁師さんの光景を目にされる方も多いかと思います。あれも実はかえしがないハリを仕様することで、手返しの早さを重視した仕様になっているのですよ。

豆知識

かつての日本では、動物の骨を釣り針に使用したり、鹿のツノなどを釣り針にしたりしていたそうです。