【ボケ】

スナモグリというのが正式名称。クロダイイカダカセ釣りではあまりにもポピュラーなエビに似た活きエサである。広角釣法や落とし込み前打ちにおいてオモリやエサだけの重みで自然に落としていくことでクロダイに食わせる。

また、小さいものはつぶして撒きえさとして使用し、すかさず、サシエのボケと同調させるように落とし込むことで使用したりすることもある。太陽光などの熱に弱いため、釣り場に着いたら、すぐに海水の中に入れてやりこまめに水を交換してやると長持ちする。

尻尾を折りたたみ、背中が丸くならないようにハリを通し刺しにし、ハリ先が内側に出るようにすると海中での動きがよい。