【ヘチ】

堤防際の部分をいう。ヘチ際(へちぎわ)ともいう。カラス貝などが付着しており、カニや虫類のエサが豊富に集まるのでクロダイ落とし込み釣りなどで狙う場所としても有名。クロダイはヘチに付いたカラス貝をバリバリと食べている姿も見られたりするほどヘチについていることでも知られる。