【チョン掛け】

エサを引っ掛けるように軽く刺すこと。1匹の場合や複数匹つけることで、魚へのアピールを促したりする。アオイソメなどの虫エサ類などでよく使われる刺し方で、このようにすることでエサの活きの良い状態が長く保たれる。