【スピニングリール】


最もポピュラーなリールのひとつ。小型のものから大型のものまで幅広く釣りのスタイルを網羅しているリール。投げ釣りサビキ釣りウキフカセ釣り、ルアー釣り、などでよく使われる。初心者からベテランまであらゆるフィールドで使えるので、初心者の方はまずはスピニングリールの扱いを覚えるとよいでしょう。近年ではレバーブレーキなどの機能も兼ね備えた高品質のスピニングリールも出ている。
        

マメ知識

スプールにループを引っ掛けることができる程度で、およそ20~30cmのループを作り、ユニノットで仮留めする。
さらにループを図のようにダブルにする。
スプールに引っ掛ける。
締めこんだら、余分なラインをカットして準備完了♪


図のように竿にラインを通してリールにしっかりとテンションをかけた状態で巻くと良い。ラインに直接触れて、テンションをかけながら、リールを巻こうとすると摩擦熱で手を切ってしまう恐れがあるので、目の細かい布などでフォローしながら行うと良いでしょう。しっかりテンションをかけて巻かないと、ライントラブルの恐れが高くなるので、注意しましょう。


スプールの仕上がりが滑らかになるように巻きましょう。そうしないと、キャストしたときなどに、ラインが絡まる原因となってしまいます。