【中通し竿】


インナーラインロッドともいう。またはインナーロッドという。竿の中の空洞にラインを通して使用する竿。リールからラインを出し、ラインを通す口があるのでそこから一気に先端部分までラインを出す仕様になっている。磯竿や船竿に多く見られる。

通常のガイド(ラインを通す部分)付きとの違いは風の影響を受けにくくなっているため竿捌きがしやすかったり、ラインがガイドに絡みにくくなったりする効果がある。専用のラインを通すためのワイヤーが付属品としてついており、それを使用してラインを通す。