【鳥山】

青物狙いで釣りをするときに重要になってくる状態のひとつ。海面に小魚ベイトが集まってきている状態に空中からは鳥の群れが海面に集まっている状態。大きい鳥山ほど、小魚の群れも大きいと考えられる。

小魚は青物に追われて海面に追い詰められている状態であるためそれを狙って海鳥が小魚を追う形が出来上がっている。そのため、鳥山が発生していると、大型の青物がその周辺にいることが予想できるため、青物釣りの際には鳥山やナブラを探すことが重要。これに対して大量の小魚が海面を跳ねたりしている状態をナブラがたつという。