【フライ】

水生昆虫を模して作った擬似バリを総称して呼ぶ。
主にカゲロウやユスリ蚊、トビケラなどを模した物が多い。
水に沈めて使うウェットフライや水に浮くドライフライなどがある。

(以下、ウィキペディアより出典:)

フライは淡水魚や海水魚が捕食する可能性のある
あらゆる種類のものを表現するために作られた疑似餌であり、
その対象は水生昆虫、陸生昆虫、甲殻類、蠕虫、小魚、植物、果肉、魚卵、小型爬虫類、両生類、哺乳類、鳥類などである。
もともとのフライは様々な獣毛、羽根、スレッドと釣り針で作られていたが、
現代のフライには天然および人工のまさしく多種の素材が使われている。
20世紀中頃までの初期のフライフィッシングにおいては、
フライフィッシャーのクリール (creel) に魚をもたらす能力から、
効果的なフライ・パターンは killing flies と言われていた。
19世紀中頃までには数千種類のフライ・パターンが考案されていたが、
今日ではおそらく数えきれないほどの種類が存在している。
フライルアー (fly lure) は、餌を模倣すると言うより、
むしろ好奇心を刺激するためにデザインされたフライを表現するイギリスでの用語である。
フライを製作すること、および、その方法をフライタイイングと言う。
----