【配合エサ】

配合エサ(はいごうえさ)

解説

サカナを集めるために撒くマキエ、ヨセエをいうが、
その際に、魚を集めるために集魚材と呼ばれる、様々な種類の粉末(砂、貝の砕いたもの、魚介類のエキス)を
配合したものを指す。
GyoNet-Movie(ぎょねっとムービー)のエサ「人口エサ」タグカテゴリ・タグの一つ。

動画

"ウキ釣り超入門-マキエの投入方法・基本篇"

"【つりそく.com】ボンバー流・秋の清水港チヌ攻略術Part2"
"海上釣り堀オーパ釣行記 前編"
"海上釣掘 田尻ポートで、シマアジ&マダイ快釣(前半)"
"野本釣り教室3(まぶし粉の付け方)"

解説

他にもアミエビオキアミ、サナギのミンチ、乾燥麦、米ヌカなどを混ぜることもある。
種類によって比重や拡散性も異なるので、狙う魚やタナ、海のにごり状況や潮の流れに合わせて
エサの配合をしていく。
釣具店などでは、状況に合わせたエサの配合のレシピなどが掲示されていたりする。