【ヘラブナ】

ヘラブナは、コイ目コイ科コイ亜科フナ属の淡水魚。ゲンゴロウブナとも呼ばれる。


特徴

体色は銀白色。ギンブナに比べ、頭が小さく、体高が高い。真横から見ると菱形の体型をしている。体長30cmほどで大きいものは50cmを超えてくる。群れで宙層を回遊していることが多いが、冬場には比較的底付近にいる。

釣りのために品種改良をされ、各地域に放流をされた魚で、釣りはヘラブナに始まり、ヘラブナに終わるというほど、釣り師からは愛される魚でもあり、釣り方としても釣り自体が文化でもあり、奥が深い魚である。

シーズン

1年中釣れる。春には乗っ込み期にハタキと呼ばれる現象が起こる。

釣り方・仕掛け

ウキ釣り

ヘラウキと呼ばれる細くて繊細なウキを使用する。基本は2本針で狙い、上の針にバラケやすいエサを付け、下の針にクワセエサを付ける。上のバラケエサに集まったヘラを下の針に食わすという釣り方。主に上層、宙層、底付近と狙うタナが分かれることでも知られるが、そのときの状況や水温などに合わせてタナを合わせていく。

コツ

微妙なアタリを逃さないようにすることがポイントだが、一朝一夕には語れないほど奥が深く、それが多くの釣り人を魅了している。
春から秋にかけては宙層にいることが多いとされており、冬場には底付近を狙うことが多い。

ウキはウキのトップが若干水面に露出している状態をキープし、エサの重みも考慮した、仕掛け調整がカギとなる。チョンチョンアタリよりも鋭くツン!とはいるようなアタリで素早くアワセることが重要。

また、エサも麩やネリエ、うどんなどを使用するが、ネリエであるエサの配合には多岐にわたる釣り人のコダワリがあり、いかに多くの魚を集め、エサのバラケを考慮し、粘り気のあるサシエサで食わすかに熟慮されるところがある。

釣りスポット

日本各地の湖沼、池、中流・下流。野池から管理釣り場までそれぞれに生息している。

その他のマメ知識

現在は各地に放流されているが、元は琵琶湖固有種。環境省レッドリストの絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。