【コウライケツギョ】

和名

コウライケツギョ

科名

ケツギョ(Sinipercidae)

学名

Siniperca scherzeri

英語名

Mandarin fish

原産地

中国、朝鮮半島、ベトナム

特徴

----最大で全長30cmほどで、ケツギョよりも体高が低く、頭部に黒斑があり、体側には縁取りのある不規則なヒョウ柄の小黒斑がある。
魚食性であり、甲殻類も捕食する。
河川、湖沼に生息する。
ケツギョと比べ、より流れのある場所を好む。
魚類や甲殻類を捕食する。
仔魚は動物プランクトンも摂餌する。
産卵期は3~7月で、瀬の砂利底にばらまくように産卵をし、砂利の間で卵は孵化する。
2~3 cmの稚魚は、流れが比較的ゆるやかな水草帯などに生息する。
・・・・出典元:環境省 外来生物法HP・・・・

その他のマメ知識

----観賞魚として流通していた。
観賞魚として、同属のケツギョも輸入されていた。
暗ケツギョ(S. loona)も稀に入荷する。
身は白身で味は淡泊で、韓国では高級食材として利用されている。
・・・・<一部抜粋>出典元:環境省 外来生物法HP・・・・

外来生物法 特定外来生物

環境省 外来生物法HP
生態系は、長い期間をかけて食う・食われるといったことを繰り返し、微妙なバランスのもとで成立しています。
ここに外来生物のように外から生物が侵入してくると、生態系のみならず、人間や、農林水産業まで、幅広くにわたって悪影響を及ぼす場合があります。
もちろん全ての外来生物が悪影響を及ぼすわけではなく、たいていの外来生物は自然のバランスの中に組み込まれ、大きな影響を与えずに順応してしまいます。
しかし、中には非常に大きな悪影響を及ぼすものもいます。
環境省によって特定外来生物に指定されており、飼育、栽培、保管及び運搬すること、輸入すること、野外へ放つ植える及びまくことが禁止されている。
釣りにおいても、持ち帰ることは「運搬の禁止」に該当するため注意が必要。