【カネヒラ】

カネヒラ(金平、Acheilognathus rhombeus)は、条鰭綱コイ目コイ科タナゴ属に属する魚。

特徴

----体高があり、ひし形のような形をしている。
体色は銀色で、肩部には暗色の逆三角形状の斑紋が入る。
体側面に緑色の斑紋があり、口に1対の短いヒゲがある。
産卵期になるとオスは婚姻色として、背中が青緑色になり、背ビレ、尻ビレがピンク色になる。
タナゴの中でも最も大きくなる種。全長12cm。

シーズン

----1年中最盛期は11月~2月。

釣り方・仕掛け

----ミミズなどを用いたエサ釣り。

釣りスポット

----琵琶湖・淀川水系以西の本州、九州北西部
中流・下流、湖沼