【カサゴ】


カサゴは、カサゴ目フカカサゴ科に分類される魚。
ガシラ、アラカブとも言う。

特徴

メバルに似た体形だが、より頭部が大きく、やや左右に平たい。
頭部には頑丈で鋭い小トゲが多数あり、背びれにも非常に鋭いトゲがある。
トゲに毒はないが、刺さると非常に痛い。
深場のものは赤く、浅場のものは黒褐色になる。
どちらにも5~6条の不明瞭な暗色横帯が走っており、大小の白斑が混じっているまだら模様をしている。
メバルのような群れを形成することはなく、個体ごとに岩陰に身を寄せ、肉食性のため、エサとなる小魚や小動物が近づくのをじっと待っている。

シーズン

1年中釣れるが、ベストシーズンは12~2月の寒い時期。

釣り方・仕掛け

堤防釣り、磯釣り、船釣り
根魚の代表種でもあるので、いずれも底の根周りを狙うことになる。
エサはイソメ類や魚の切り身、エビなどが一般的で、仕掛けはど胴突き仕掛けが多い。
ルアーにもよく反応するので、小型のミノープラグ やワーム類を使ったルアーフィッシングの対象魚として狙うゲームフィッシャーマンの姿も多く見られる。
ミャク釣りでのテトラポットや捨て石周りを攻めたり、ソフトルアーでの攻めは非常におもしろい。

ルアータックル

中小物タックル

①PEライン0.6~1.2号 
オルブライトノットサージャンノットフィッシャーマンノットなど。
ショックリーダーフロロカーボン1.2~1.5号 ※1ヒロ程度
ユニノットクリンチノットなど。
※ロッドは6~8f、リールは1500~2000番程度
大物タックル

①ナイロンライン20~25ポンド 
ダブルエイトノットループハリソンズループなど。
※ロッドは6~8f、リールは巻上げ力のあるベイトリール

コツ

とにかく、捨て石やテトラではできるだけ深く隙間に落とし込んでいくことが重要。
深いところほど、良型も出やすい。
また、2.3度探ってみたら、次々と場所を変えて探り歩くことも数を伸ばすコツ。
エサが底に着いたら、コツコツと誘いをかけてやると
ほぼ向こうアワセで掛かってくる。

釣りスポット

北海道南部から以南の各地
沿岸の岩礁帯を中心に水深50m以上の沖の深海までの広範囲

美味しい食べ方

鮮度の良いものは刺し身に、その他煮物、蒸し物や空揚げ、鍋物など。
身が締まっていて骨離れがよく、淡白な白身は絶品。
カサゴのから揚げ

その他のマメ知識

タイトな場所を攻めることになるため、仕掛けの予備は持参しましょう。