【イヤゴハタ】

イヤゴハタは、スズキ目ハタ科に分類される魚。

特徴

----南日本に多いハタの仲間で、暖海性の磯魚の種類に入る。幼魚は背ビレに大きな楕円形の暗褐色斑があり、それを中心に4本の暗褐色の縦帯が平行に入っている。成魚になるとこの模様が点状に変化する。全長は60㎝にもなる。
老成化すると模様が不明確になるため、類似したホウキハタと区別が難しくなる。
地方名はアオナ、キマス、シマイノコなど。

シーズン

----1年中。

釣り方・仕掛け

----根魚釣りで季節を問わず周年釣れるが、群れをつくらないため数多くは釣れない。
仲間のホウキハタと混じって釣れることが多く、姿形だけでなく生態、分布もよく似ている。

釣りスポット

----磯、沖。
南日本からインド洋までに分布し、やや深い岩礁帯で単独で生息している。

美味しい食べ方

----刺し身、煮物、鍋物などにすると美味。