【オコゼ】

オコゼは、カサゴ目オニオコゼ科に分類される魚。

特徴

----正式には、オニオコゼ。
体色は黒色、黄色、赤褐色など。
浅めの内湾から水深200メートル前後の海域に見られる。
注意点として、背ビレの棘やエラ付近の棘には毒腺を持ち、刺されると激しく痛み、
成人男性でものた打ち回るほど強烈である。
一方で、高級魚で美味とされており、棘の処理などの手間や本来のうま味も
重なって、専門料理があるほどである。
白身で脂肪が少なく、淡白である割には、甘みもあるような味で、
その歯ごたえや味はフグに代替されるほどうまいとされる。
体長は30cm程度。
沖合いでカサゴなどの根魚を釣っているときに釣れることがある。
地方名はオコゼ、ホンオコゼなど。

シーズン

----1年中。

釣り方・仕掛け

----胴突き仕掛けが多いが、ルアーにおいてもボトムを狙った釣りの場合に
釣れることがある。
沖釣りの仕掛けにハリがかりすることがある。

釣りスポット

----主に南日本に分布する。
沖で釣れる。

美味しい食べ方

----刺身、煮物、鍋物、椀物など。