【ムスメベラ】

ムスメベラは、スズキ目ベラ科に分類される魚。

特徴

----細長いキュウセン型の体形をしており、はっきりとした黒色の縦帯が頭部から尾部まで入っているのが特徴。
全長は約25cm。
幼魚はホンソメワケベラによく似ており、他の魚の寄生虫を食べる掃除習慣も備えている。
しかしこの習性は若魚にのみ見られるもので、成魚は主に底生動物を捕らえて食べる。

シーズン

----3~12月だが、釣りとして専門に狙うことはない。

釣り方・仕掛け

----カワハギ釣りの外道として、たまに釣れることがある。

釣りスポット

----太平洋の北緯25~35°と南緯27~37°に限られる。
日本では千葉県から高知県にかけての太平洋沿岸の岩礁帯

美味しい食べ方

----味はそれほどではないので、食用になる魚ではない。