【マルソウダ】

マルソウダは、スズキ目サバ科に分類される魚。

特徴

----体型はサバに似ているが、体の断面は丸い。
ヒラソウダよりも小型で、側線の上下に残る細かいウロコのある部分が幅広く、後方へ伸びている。
全長は30~40cm程度で大きくなっても55cmほど。
地方名はソウダ、マルソウダガツオ、メジカ、スボタ、ロウソクなど。

シーズン

----6~12月。

釣り方・仕掛け

----沖の寄せエサ釣りやライトトローリングの外道として釣れるが、専門に狙う人は少ない。

釣りスポット

----磯・沖・防波堤。
世界の暖海域に広く分布し、日本では北海道以南に生息する。
夏から晩秋に多く見られ、沿岸域の表層を大群で回遊し、ヒラソウダよりも沖合を好んで生息しているが、
中には磯近くに寄ってくるものもいる。

美味しい食べ方

----血合いが多く、味もヒラソウダに比べて劣るため、ソウダ節に加工されることが多い。