【ブリ】



ブリは、スズキ目アジ科に分類される魚。

特徴

----出世魚なので、成長に伴い呼び名が変わる。
関東ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ、関西ではツバス、ハマチ、メジロ、ブリ、四国ではモジャコ、ワカナゴ、ハマチ、ブリ、オオイナ・スズイナの順に変わる。
関東名のワカシで20cm前後、イナダで50cm前後、ワラサで70㎝前後、ブリで1m以上、7kgが目安となる。
体形がよく似た魚にヒラマサがいるが、胸ビレの長さは胸ビレとほぼ同じで、上アゴの上後端が角張っているのがブリ、丸みを帯びているのがヒラマサになる。
南日本では流れ藻につくモジャコと呼ばれる幼稚魚を捕獲し、盛んに養殖を行っている。
南日本には瀬付きのブリもおり、回遊魚と比べると頭がかなり痩せている。
この瀬付きをキブリ、回遊魚をアオブリと呼んで区別している。
地方名はフクラギなど。

シーズン

----6~3月。ベストシーズンは11月~2月。

釣り方・仕掛け

----船釣り、磯釣りでも狙える。
最近はトローリングやルアーフィッシングも盛ん。
特にジギングでの釣りは人気である。
ブリ・ワラサ程度の大きさのものは、アジサバ、イカなどの生きエサを用いた泳がせ釣りが知られているが、
最近はオキアミを使った寄せエサ釣りも台頭してきている。
船釣りでのフカセ釣り
また、泳がせ釣りもしくは落としこみと呼ばれる船釣りも人気が高い。
回遊魚なので1日に数回あるかないかの時合いを逃さないことが重要になる。
イナダほどの大きさのものは比較的簡単に釣れ、擬似エサを使ったサビキ釣り、
カッタクリ釣りで狙う他に寄せエサ釣りもある。
船や磯からメタルジグなどのルアーで狙うのは40~70㎝程度。
初夏にはワカシ程度の大きさのものが沿岸に寄るので、砂浜からメタルジグで簡単に狙えるため人気がある。
ルアー釣りに関しては、ポッパーでナブラを狙う釣り方や、ジギングが一般的で、
キャストやロッドアクションも重要になってくる。
逃げ惑うベイト(小魚)をルアーで演出し、魚の食い気を誘う手法。
ジギングに関しては、様々なジグの演出方法があるため、
魚に飽きさせない変則的な動きを加えながら、ロッドアクションを行なうことが重要である。
ロッドワークの基本動作として
ワンピッチジャーク
ロングジャーク
ジャカジャカ巻き
               などが挙げられる。
ルアータックルについて

PEライン4~6号 
SFノットFGノットフィッシャーマンノットなど。
ショックリーダー80~120ポンド ※1.5~3ヒロ程度
ハリソンズループダブルエイトノットループなど。
※ロッドは6~8f、リールは4000番~8000番台以上

釣りスポット

----磯・沖、砂浜。日本近海のみに分布する。
沿岸を南北に移動する典型的な回遊魚で、秋になるとワカシ程の大きさのものが沿岸の岩礁帯に接岸し、
秋以降はワラサ程度のものが沖合いや、やや深い岩礁帯周りを回遊する。
晩秋を過ぎるとブリ程度の大きさのものが、南下し合流することもある。

美味しい食べ方

----市場には養殖のものも多く出回っているが、天然ものも若干見られる。
天然ものは魚体が締まり、尾先が鋭いが、養殖ものはずんぐりと太った体形なので見分けられる。
冬に獲れる脂ののった寒ブリは特に美味で、南日本では正月料理に欠かせない食材。
ブリは脂が強すぎるため、刺し身などの生食よりは、しゃぶしゃぶ、照り焼、塩焼きなどに適している。
ブリのさばき方
ブリ大根
ブリのきのこたっぷりソテー
ブリのゆず風味焼き