【ヒレナガカンパチ】

ヒレナガカンパチは、スズキ目アジ科に分類される魚。

特徴

----カンパチに比べ、背ビレ、尻ビレの先端が長く伸びている。
また、尾ビレの下も白くならないことでも見分けることができる。
カンパチよりも小型で大きいものでも1mほどまで。
地方名はノガンパ、バケカンパ、バカネリなど。

シーズン

----7月~11月。

釣り方・仕掛け

----カッタクリ釣り、寄せエサ釣り、大物は生きエサを使った泳がせ釣りなどで狙う。
他にもルアーフィッシングも盛ん。
30kgを超えるものはムロアジなどのエサを使った泳がせ釣りが有名。
ルアーフィッシングも効果的でメタルジグを用いたバーチカルジギングで狙う。
5kgまでの小型をバケを用いたカッタクリ釣りで、10kg前後の中型をオキアミを用いた寄せエサ釣りで狙う。
小さな群れで行動し、仲間が1尾でも止まると移動しないという習性があるので、アタリがあるときに集中して攻め続ける。

釣りスポット

----磯・沖。日本では南日本に分布し、特に沖縄諸島周辺で稚魚も見られる。
世界中の温帯・熱帯海域にも広く見られる。
カンパチよりも、ヒレナガカンパチの方が南方に生息し、沖縄、小笠原諸島で多く見られる。

美味しい食べ方

----刺し身、照り焼、煮物、汁物など。