【バラハタ】

バラハタは、スズキ目ハタ科に分類される魚。

特徴

----幼魚期には体側に幅広い1本の黒紫色の縦帯があるが、成魚になるにつれ消失し、紫色斑点が橙赤色の体全体に散在する。
背ビレ、尻ビレ、尾ビレの後縁が黄色で目立ち、尻ビレ、腹ビレの一部が長く伸びている特長がある。全長60㎝にもなる。
地方名はツルグエ、スジバラハタ、ナガジューミーバイなど。

シーズン

----1年中。

釣り方・仕掛け

----刺激を与えると皮膚の毒腺からグラミスチンという粘液毒を出すので注意。

釣りスポット

----磯・防波堤。
和歌山県以南の南日本からインド洋まで分布し、磯やサンゴ礁の外縁に生息する。

美味しい食べ方

----身にシガテラ毒を持つことがあるので普通は食べないが、食用にしている地方もある。