【ハコフグ】

ハコフグは、フグ目ハコフグ科に分類される魚。

特徴

----正面から見ると体中央部が箱状で、ウロコが変形した硬い甲板で覆われている。
動くのは口と各ヒレ、尾、眼に限られる。ハコフグ科の主要魚種で、日本で最も一般的に見られる同科の魚。
ミナミハコフグと似ているが、体色が異なる。全長は25cm。
地方名はカメノコフグ、シュウリ、コゴメフグ、マクライオ、ハコシュウリ、コゴウゴなど。

シーズン

----6~10月。

釣り方・仕掛け

----磯釣りの仕掛けにハリがかりしてくるが、専門に狙う魚ではない。
まれに定置網で漁獲される。

釣りスポット

----磯・沖・防波堤。沿岸の磯やサンゴ礁域に生息し、小動物を食べる肉食性。
日本では岩手県から四国まで分布するが、南限ははっきりしていない。

美味しい食べ方

----肉は無毒だが、皮膚に毒があり、敵に襲われるなどの身の危険を感じると毒を出して身を守る。
フグ類は自分で調理して食べない。