【ナメモンガラ】

ナメモンガラは、フグ目モンガラカワハギ科に分類される魚。

特徴

----側扁した体は硬い表皮と粗いウロコに覆われており、ザラザラしている。
体色は雄と雌で大きく異なり、雄は体側が黄橙色で、背ビレと尻ビレの端縁部が鮮やかな黄色、尾ビレが鮮やかな赤。
雌は背ビレと尻ビレの端縁部が赤褐色で尾ビレが橙色でやや地味め。
体長は最大で30cm程度。地方名はギマ。

釣り方・仕掛け

----専門に狙う魚ではない。
磯のメジナ釣り、沖のマダイ釣りの外道としてハリにかかることが多い。

釣りスポット

----沖の岩礁帯。伊豆諸島以南のサンゴ礁に生息する熱帯性の魚。
温帯海域にも適応しているため、本州南岸の磯場でも時折見ることができる。

美味しい食べ方

----食用としての価値はあまりないが、食べられないことはない。