【トビウオ】

トビウオは、ダツ目トビウオ科に分類される魚。

特徴

----発達した羽状の胸ビレを持ち、海面上を飛ぶ。
幼魚期は下アゴに扁平な1対の短いヒゲと高い背ビレを持ち、成魚になると胸ビレの2本の軟条が分岐せずに透明になる。
全長35㎝。産業上の重要種で、重要5種のうちの1種。
地方名はトリウオ、ホントビ、アキツトビウオ、ウズ、ツバクロ、トビ、アゴなど。
青物が好み、活きエサにも使用したりする。

シーズン

----5月~10月。

釣り方・仕掛け

----初夏に産卵群が定置網や刺し網で漁獲される。九州南部では秋に延縄や流し網で獲る。
磯釣りの仕掛けにハリがかりすることがある。

釣りスポット

----磯・沖・防波堤。日本固有種で本州中部以南から九州・五島列島、沖縄諸島までに分布する。

美味しい食べ方

----淡白な白身で身が締まっている。
焼き物、揚げ物、刺し身、干物、練り物など用途は広い。