【スズメダイ】


スズメダイは、スズキ目スズメダイ科に分類される魚。

特徴

----体色は暗褐色で、背ビレ後部に白い斑点があるのが特徴。この斑点は死ぬと消滅する。
夏の産卵期は雄が岩礁の凹みに雌を誘って産卵させ、孵化するまで保護する。
全長は13cm。地方名はヤハギ、オセンゴロシ、ナベトリ、ヤハチ、アブラウオなど。

シーズン

----4~11月。ベストシーズンは6~8月。

釣り方・仕掛け

----磯、沖、防波堤。
磯釣りや沖の中・小物釣りの外道としてハリがかりすることが多い。

釣りスポット

----日本海側で秋田、太平洋側で千葉以南に分布。最も北に分布するスズメダイ。
水温8℃まで適応でき、この仲間では日本海で越冬できる唯一の種。
東シナ海まで分布が見られ、水深20~30㎝の岩礁域から藻場の中・下層を大小の群れをつくって遊泳する。
動物プランクトンを主に食べる。

美味しい食べ方

----味がよくないが、南日本では食用とする。焼魚、塩漬け、空揚げなどにして食べる。