【ササノハベラ】

ササノハベラは、スズキ目ベラ科に分類される魚。

特徴

外洋海に生息するタイプは赤味が強く、大きさも内湾に生息するタイプよりも大きくなる傾向がある。
体長は15~25cm程度。
甲殻類やイソメ類といった小型の底生動物を主食としている。
夜間は岩陰や海藻の間で睡眠し、日中に活動する。
また、砂の中に潜って冬眠する習性がある。
地方名はヤギ、ノメリコ、クサビ。

シーズン

水深5~40mまでの岩礁帯に生息しており、さまざまな釣りの外道として釣れることが多い。

釣り方・仕掛け

投げ釣り磯釣り、船釣りとあらゆる釣りの外道として釣れるため、ベラというと一般に本種を指すことが多い。

釣りスポット

本州中部から沖縄諸島
本州の南西岸で最も普通に見られるベラの種類。
内湾の浅い岩礁帯に生息するタイプと、外洋に面したやや深い岩礁帯に生息するタイプがある。

美味しい食べ方

西日本では良く食べられる。
煮物や竜田揚げ、南蛮漬け、練り製品などにする。