デジタル魚拓とは

魚拓ッキー
ぎょねっとからデジタル魚拓をお申し込みいただいた方にはぎょねっとオリジナルステッカープレゼント!!

デジタル魚拓とは

写真でもない、魚拓でもない。
魚体を知り尽くした職人が丁寧に作る、魚拓を超えた魚拓アート。

本来の魚拓は、魚自体に墨を塗り紙や布に写しとるものですが、 魚拓ッキーでは写真から制作し、大型プリンターで印刷します。
魚そのものの「質感」を実感できることが特長で、 通常の写真では有り得ない「リアリティ・存在感」が生まれます。
また、従来の一般的な魚拓では魚体の大きさがメインなのに対し、魚拓ッキーでは大きさは勿論、その魚の美しさを重要視し、 魚種・写真の状態により手法を変えて表現させて頂いております。記録としての魚拓ではなく、釣り上げた時の記憶を再現することに注力しています。
イトウやアカメ、口白等の貴重な魚も、写真さえ撮ればその場でリリースできます。
同種のデジタル魚拓サービスが近年増えてきましたが、この分野のパイオニアとしての自負があり、魚体の表現に関しては常に研究と思索を怠りません。魚拓代わりの単なる記念ではなく、釣りに興味がない人が見ても関心を持つような迫力ある「作品」を作ります。ぜひご相談ください!

魚拓のイメージは3通り

魚拓ッキーでは、3つのイメージで魚拓を制作しています。

  • 従来の魚拓のイメージに近い『墨』
  • 魚の持つ美しさを引き出すアート感覚の『カラー』
  • 生っぽさを程よく残した『リアル』

修正例

メジャーや指のかかった写真も、少しであれば修正可能です。

修正例
修正は有料となります。詳細はお問い合せください。

元画像について

  • 大物は是非、カメラで!
    最近の携帯端末のカメラも進化して参りましたが、やはり実物大に拡大するとノイズが多く見られます。
    大物やリアル加工をお望みの場合はデジタルカメラを推奨いたします。
  • カメラは、500万画素以上がおすすめ!
    ポスターにする場合は、最低500万画素を推奨いたします。
    「サイズは最大」「画質も最高」に設定して、撮影しましょう。
  • 魚のアングル
    魚拓と言えば、横に寝かせた物が定番ですが、
    デジタル魚拓では、色々なアングルの物を加工出来ますので、真横にこだわる事はありません。
  • 腹側からの撮影は難しい!
    極端に腹側から撮った写真は、白い部分が多くなりすぎて加工に不向きです。
    また、フラッシュで色が飛んでしまっている写真も同じく不向きとなります。
  • 魚体の歪んでいる写真はNG!
    片手で顎部分を掴んでいたり、持ったまま撮影して魚体が激しく歪んでいる写真は、
    修正しても良い結果は得られません。
  • メモリアルな一匹が釣れた時には是非、上記を考慮して撮影して下さいね!
    ・リアル加工の場合は特に解像度が必要になります。
    ・元画像により加工後の結果は異なります。
    ・メールで写真が送れない方は、プリント写真またはCDを当店までご郵送ください。
    ・魚拓は専用梱包にてお届けいたします。

ご注文

下記ボタンから、注文フォームへお進み下さい。
※魚拓ッキー公式サイトから直接注文することもできますが、当サイトからお申し込みいただくと同じ費用でオリジナルステッカーがつくなどおトクです!

Top